手汗を止める.jp

ひどい手汗にさよなら!手術に頼らず治す方法を公開しています。サラサラの手になって楽しい毎日をすごしましょう!

手汗がひどい人の対処法

   

手汗は様々な場面で役立つときがあります。例えば、冬場に頻繁にハンドクリームなどを利用している人に比べると手の乾燥がきわめて少ないためひび割れなどに苦労することもありません。

しかし、一般的には苦労することの方が多いのです。握手を求められたとき、大きな荷物を運ぶと滑る、スマホが汗だらけになり誤作動を起こすなど数えていけばきりがありません。

そんな中で手汗が多い人、いわゆる多汗症に悩んでいる方は様々な工夫をして対処しています。例えば文章を書く場合は手袋をりようしたり、手の下にハンカチを敷いて紙が濡れないようにしたり、スマホを利用するときにはタッチペンを利用したり。あまりに汗がひどい場合には銀行のATMも正常に動いてくれませんので指の裏を利用してドアをノックするように操作したり。

このように様々な工夫をする事で面倒なこともなんとかカバーしています。ただしこのような一時的な苦労だけではないのです。ボウリングやバスケットボール、などは指が滑るため適していませんし、ギターなどの金属弦を利用する楽器は錆びるのが早いなど致命的な苦労も多いのです。

このような苦労は手術によって改善される可能性もあります。多汗症やワキガの手術は現在では入院することなく日帰りで終わるような簡単なものです。費用も比較的安く、誰でも気軽に受けることができます。しかし、副作用が発生する可能性も否定できません。

手汗が少なくなる代わりに顔や背中など別の箇所に汗をかきやすくなる事もあります。もちろん手汗が治まるだけの場合もありますが、手汗に変わる新たな苦労が発生する可能性も否定できないのです。

多汗症は局所的なものと体全体のものがあります。局所的な症状の人の多くは足の裏や手のひらにかくことが多くほとんどの人が前述した苦労を抱えています。

そしてもっとも大きな苦労が恋人をつくるときです。初めは手汗に気を使って自分から手をつなぎに行くことをためらいがちです。あまり手をつながなければ手をつなぐことを嫌がっていると思う方もいるでしょう。そして純粋に汗をかいている手と繋ぐこと自体を嫌がる女性も中には居ます。

このように手汗という一見大したことのない身体的特徴が実は本人にとっては非常に苦痛である場合もあります。実は一番の対処法は自分自身が気にしないこと。うまくつきあっていくことです。

菌が繁殖しやすいという衛生面もあるため頻繁に手を洗うなどは確かに面倒ですが、自分の個性だと認識しそのときそのときで臨機応変に対処していくことが一番上手に向き合う方法です。

 - 未分類